【 心療内科 / 精神科 の 薬物療法 について④ 】 安定剤

双極性障害 ( 躁うつ病 )というのは、自信に満ちて活動的になる躁状態と、その逆の うつ 状態を繰り返す病気です。 躁 と うつ の間を気分が変動するわけですが、この気分の変動の幅を抑えるのが 安定剤 です。

主な 安定剤 としては、 炭酸リチウム(商品名 リーマス )、 バルプロ酸 ( デパケン )、 カルバマゼピン ( テグレトール )などの 薬 があり、 バルプロ酸 と テグレトール は、元々は てんかん の薬だったものに、 気分安定 作用 が発見されたものです。

双極性障害 ( 躁うつ病 )の場合、 うつ 状態のときも、 抗うつ薬 ではなく、 安定剤 が用いられます。 安定剤 は、主として、 双極性障害 ( 躁うつ病 )に使われますが、他にも、 統合失調症 や パーソナリティ障害 で気分の 不安定 さが目立つ場合に用いられることも一般的です。

渋谷神山町 診療所 ( 心療内科 ・ 内科 クリニック )では、患者様の状態をお伺いし、適切な 薬物療法 について説明させていただきます。もちろん、患者様ご本人のご希望も伺いながら、 処方 の内容を決定していきます。
少しでも気になることがありましたら、まずは 精神科クリニック 、 心療内科クリニック 、 メンタルクリニック への受診をご検討ください。

渋谷神山町 診療所 ( 心療内科 ・ 内科 クリニック )は、JR線・東急線・京王井の頭線・東京メトロ『 渋谷 駅 』A2出口から《徒歩7分》 京王井の頭線『 神泉 駅 』北口から《徒歩9分》 東京メトロ千代田線『 代々木公園 駅』2番出口から《徒歩10分》 小田急線『 代々木八幡 駅 』南口から《徒歩12分》 と4駅6路線からお越し頂ける、東京都 渋谷区 神山町 、渋谷区役所やNHK、東急百貨店渋谷本店から歩いてすぐ近くの 精神科 ・ 心療内科 ・ 内科 を標榜する、 メンタルクリニック ( 精神科 ・ 心療内科 の クリニック )です。
うつ病 、 双極性障害(躁うつ) 、 不眠症 、 認知症 、 適応障害 、 パニック障害 、 社交(社会)不安障害 、 強迫性障害 、 統合失調症 、 自律神経失調症 、 認知症 、 発達障害 、 月経前症候群(PMS・PMDD) 、
その他職場のメンタルヘルスの問題、家族・育児の悩みなどに対して、日本精神神経学会認定の 精神科 専門医 で 精神科 、 心療内科 の診療経験豊富な 医学博士 が患者様一人一人に合った適切な診療をさせていただきます。

渋谷神山町 診療所 ( 心療内科 ・ 内科 クリニック )では、 精神科 や 心療内科 などの メンタルクリニック の受診が初めての方でも気楽に通えるような雰囲気の クリニック を目指しております。
どうぞお気軽にお立ち寄りください。